建物表題登記

建物表題登記

建物の表題登記とは、登記されていない建物について、初めて登記記録に表題部を開設しその物理的状況を明らかにする登記です。(不動産登記法第2条20号)建物が新築、改築、解体移転または再建築等により建築され登記すべき建物が生じた場合や建物がすでに存在しているのに未だその登記がされていない場合は、建物の表題登記を申請することになります。

POINT
言葉が堅苦しくわかりづらい表現ですが、人間に例えるならば建物の出生届のようなものですね。