土地登記について

土地登記について

不動産登記には「表題部」と「権利部」の二種類があります。
「表題部」表示に関する登記・・・土地や建物の位置や形状、広さなど物理的な状況についての登記。土地家屋調査士が担当する。
「権利部」権利に関する登記・・・所有権、抵当権、地上権などの権利の発生や移転、変更などを公示するための登記。司法書士が担当する。

さらに、表題部の登記は「土地」と「建物」に分かれます。
土地部分・・・所在、地番、地目、地積など
建物部分・・・所在、家屋番号、種類、構造、床面積など